CS60とミトコンドリア

CS60とは

ミトコンドリアの働き

分かりやすい動画を発見しました。

↓『ミトコンドリアの働きについて』岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦(2分6秒)

体内の発電所 ミトコンドリア

いろいろなところをググってみてみたところ・・・
ミトコンドリアは、私たちが食べたものからエネルギーを作っています。

ミトコンドリアからのエネルギーは、筋肉を動かす力、呼吸、内蔵がはたらく力や脳・神経が活動する力などに使われています。

ミトコンドリアは、赤血球などの一部を除き、ほとんど全ての細胞の中にあります。

細胞1つ当たりのミトコンドリアの数は数百~数千個と言われています。
エネルギーをたくさん使う細胞ほど、ミトコンドリアは多く存在しています。

ミトコンドリアは私達が食べた食物栄の養を分解し、ATP(アデノシン三リン酸)という細胞が使いやすいエネルギーに変換しています。

例えると
発電所が石油、石炭、ガス、原子力など、取り扱いにくいエネルギーの塊を
「電気」という使いやすいエネルギーに変換し、各家庭に送り届けることに似ています。

ミトコンドリアは体内の「発電所」で、ATP(アデノシン三リン酸)が「電気」のような存在です。

このミトコンドリアで産生されたATPを用いて、細胞は様々な活動が出来るようになります。

ミトコンドリアと活性酸素

ミトコンドリアが発電するときに、私たちが食べたものに加えて、酸素と水素と電子が必要です。

私たちが呼吸することによって体内に取り入れる酸素の量は、1日に500リットル以上と言われています。

この、取り入れた酸素の約2%が、活性酸素になります。

加えて、ミトコンドリアが弱っていると体内に静電気がたまり、その結果、活性酸素が作られます。

エネルギーがうまくつくられないことにより活性酸素が増加し、さまざまな不調の原因になります。

ミトコンドリアによるエネルギー発電が減少するのが老化現象です。

ミトコンドリアの発電を助けるCS60

活性酸素は正常な細胞から電子を奪い取ります。

活性酸素はプラス電位で細胞が結集して固まる傾向が強く、炎症を起こします。

ミトコンドリアは発電するとき、電子転換して、酸化還元電位マイナス150mv〜マイナス180mvと言うマイナス電位を発電します。

マイナス電位はアルカリ性で細胞を軟化し血流を良くして、消炎、鎮痛作用、酸化物質を抑制、拡散します。
つまり老化の抑制ができます。

ミトコンドリアは、細胞1つ当たり数百~数千個あります。
人の細胞は約37兆個あるため、ミトコンドリアの数は天文学的な数量になります。

しかし37兆個の細胞が全て活動をしている訳ではなく、37兆個の内、約30%が活動していると言われています。

37兆個の細胞の活動率が上がると、どの様な事が起きるでしょうか。
CS60はプラス電子を強力な磁力線で引き抜き、ミトコンドリアを助けます。

プラス電子が抜ける時、身体は痛みを感じます。

CS60の作用により
ミトコンドリアの発電所が活動率を上げると
酸素の燃焼効率が上がり
活性酸素の発生が抑制できると考えられます。

車でいえば燃費効率をあげると、排出ガス量が減少するようなものだと考えられます。

参考サイト(順不同)

タイトルとURLをコピーしました