メンテナンスの重要性

お客様の声

お客様の声、第一号で登場していただきました
ビジネスパートナー様 久しぶりの登場です。
いやぁ~、油断しちゃいかんという教訓でしたねぇ(汗
わざわざ、ありがとうございます m(_ _)m
私も勉強になりました m(_ _)m

ビジネスパートナー様の感想

メンテナンスの重要性

「高い品質を維持するためには定期的なメンテナンスが必要である。」

その言葉はモノだけではなく、
人間の体にも言えることだと思いました。

松浦先生のCS60で腰を治療してもらい、
3ヶ月の間ほとんど痛みや不安を感じなかった。
(まれに少しハリを感じることはありました。)

それが、ついに昨日
久しぶりに軽度のギックリ腰になってしまいました。

床に腰掛けていたところから立ち上がり、
椅子に座った瞬間腰に痛みが走りました。

今回は「なんか悪くなりそう」という前兆は全くなく、
いきなりやってきたものだから焦りました。

思い返せばこの3ヶ月間、腰の不安が消えたことから、
「完治したもの」と勝手に決めつけメンテナンスはおろか
腰に気を遣う意識も低くなっていたように思います。

久方ぶりに感じる痛みに脂汗をかきながら、
「普段からこまめにメンテナンスをお願いしていたら」
なんて思ってみても後の祭り。

緊急でCS60神戸元町の予約フォームから予約を取り、
翌日、松浦先生に腰を診ていただくことになりました。

痛みに耐え抜き、這う這うの体でCS60で腰に触れてもらうと、
完治したと思っていた頃には感じなかった
痛みとじゃりじゃりとした感触があった。

しかもその痛みはしつこくて、
120分コースでお願いして腰の痛みが和らいだものの、
うっすら鈍い痛みは残った。

結局その翌日、つまりこの感想を書いている当日も
同じく120分コースでCS60をお願いし、
また少しマシな状態にしていただいたものの完治には至らず、
腰骨あたりに常に鈍い痛みがあり、
さらには前屈するとそこそこ鋭い痛みを感じる状態となっている。

情けないことだが、ズキズキと腰に痛みを感じるたびに
「日ごろからメンテナンスを心がけよう」と心に誓いつつ、
これを書いている。

今回はたまたま予約を取ることができて事なきを得ましたが、
もし予約が取れていなかったとなるとゾッとします。

痛みが取れて治ったと感じても、
人の習慣や癖なんてものはなかなか治らぬものです。

大切なのは月に一度でもいいから定期メンテナンスを心がけること。

また、根治を目指すべく正しい姿勢を身につけようとする
ことが大切だと思いました。

痛みが消えたらすぐに治ったと浮れてしまう愚か者ですが、
他の皆さまの反面教師にでもなればと思いの丈を書いてみました。

P.S.
松浦先生、2日連続で長時間の施術をしていただき本当にありがとうございました。
おかげで何とか立つことができ、歩けています。
もう少しで痛みが消えると思いますので、
今しばらくおつきあいよろしくお願いいたします。

ビジネスパートナー様へ

いつもお世話になってます。
お忙しいところ、わざわざ「お客様の声」
ありがとうございます m(_ _)m

シンクロ!
実は今日、言ってなかったけど「腰痛が治ったって見ました」って、
お客様が来てくれたんですよね。

「実は再発したんですよ」って言ったら、
お客様が不安になっちゃうかなぁと思って、
話を合わせましたが、

やはり「一度よくなっても、メンテナンスをしないと
再発するみたいですよ」って、お伝えするべきだったなと、
いろんな意味で勉強になりました。
反省 m(_ _)m

P.S. 何度聞いても「先生」は恥ずかしいですねぇ・・・(/ω\)
「松浦さん」でお願いしたいなぁ・・・ m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました