ジュエリースパ(宝石岩盤浴)をしながらのCS60❤

CS60神戸元町について

寒くなりましたね~
個人的に、寒いのは大の苦手です💦

CS60神戸元町に来ていただくお客様に
寒い思いはさせたくない
できればホンワカあたたまっていただきたい!!
と、いうことで

アメジストの石で
身体をあたためるバイオマットを
施術用ベッドに敷くことにしました。

このバイオマット
宝石岩盤浴、ジュエリースパなどと言われている
ものです。

個人的に、冷え性なんですよね

学生時代、体温が34.8度だったこともあり
社会人になったころは、朝、なかなか起きられず
ドライヤーで足を温めてから起きてました。

当時は「こんなので30歳になったときには
どうなっているんだろう・・・」と不安に感じたりして
健康オタク道に進みました(笑)

健康オタク道を歩みつつも
インフルエンザBにかかっても36.4度でした。
お医者様からは「年寄と一緒や。
熱を出す元気がないんやな」
と言われました。

30歳になったころ、インフルエンザAにかかり
熱が38度に達しました。
熱が出せたのは良かった(?!)のですが
白血球が4万超え(基準範囲は3,200~8,500)
子宮に水がたまり
その後更年期障害みたいになりました。

・・・その後も
健康オタク道を歩みつつ
じょじょに健康になってきました♪

健康オタク道の相棒いろいろありますが
遠赤外線系が好きなんです(o^-^o)

自宅では暖房はサンラメラ
足元はレッグホットを使用しているのですけど

CS60神戸元町には何が良いかなぁ・・・
オーラストーンが練りこまれたやつとか
フェライト系セラミックが練りこまれたやつとか
アルファウェーブとか・・・
アレコレ悩んでみたのですけど(どれもお試し済)

最高峰の「宝石」が良いかな

リラクゼーションサロンなんだから
もう最高峰の「宝石」が良いかなと。

宝石が敷き詰められたバイオマット
CS60新神戸さまCS60兼好さまでも使われていますし。。。
私も以前、うかがわせていただいたときに
ほんのりと芯から温まるあたたかさに魅了されました。

本物の石、しかも「宝石」を温めてるんだから
練りこまれている系とはひとあじ違うハズ。

それになんといっても
お客様には「宝石」の上に
横になっていただくのですよ❤
「宝石」と聞くと、ちょっと気分良くないですか?

気分いいよね♪
ってことでバイオマットの代理店をされている
CS60新神戸さまから購入しました。

↓CS60新神戸をされている
↓ダイヤモンドライフ神戸さまの
↓“バイオマット”の記事一覧
https://diamondlifekobe.com/products/biomat/

「バイオマット」届きました!

10月に注文して、ミニは11月
本命のシングルサイズ届いたのが先日・・・
増税前に駆け込み注文が多かったとかで
待ちに待ちました(笑)

荷物受け取りをし、箱から出して
ベッドに敷いてくれた
ビジネスパートナー様によると
めっちゃ重たかったらしい。。。

お客様には好評なんですけど
実際はカバーをして使うので「宝石」とは気づかず
「これ、アメジストなんですよ~♪」
と見せると、たいがいびっくりされるのと
「それ、宣伝したほうが良くない?」との
お声もありましたので、今回
記事に書いてみました(*´ω`*)

バイオマット、実はすごいらしい

こちらが発売元なのかな?

↓ Richway International, Inc.(英語)
https://www.richwayandfujibio.com/welcome/index.php

↓日本のほうはこちら
↓リッチウェイアンドライフジャパン株式会社
http://www.richwaynihon.co.jp/

英語のサイトのほうに、パンフレットがありましたので
Google翻訳してみたものをアップしてみました(o^-^o)

あと、英語なんですけど動画あったので
貼っておきますね~
(PCで日本語字幕を出す方法はコチラ

↓Biomat® Technology(英語 4分34秒)

Google翻訳:Biomat®テクノロジーのビデオは、
Biomat®のテクノロジーを視聴者に芸術的に紹介します。
ある朝目を覚まし、仕事の準備をするとき、私たちは主題に従います。
彼は幸せに生きることに強い関心を持っています。
興味深いことに、彼はリッチウェイバイオテクノロジーラボで働いています。

↓Biomat Practitioner
↓Tami Briggs/Musical Reflections(英語 1分57秒)

Google翻訳:タミ・ブリッグスは、治療用ハープ奏者であり、
Richway Independent Sales Associateです。
このビデオでは、タミは彼女をBiomat®に引き付けたもの、
彼女が他の人とそれを共有する理由、
そしてそれを使用する人に効果的である理由を説明します。

YouTubeの翻訳機能を使って、動画を見てみよう

・・・と、まぁ、単なる電気毛布とはわけが違うバイオマット
よかったらCS60神戸元町に、あたたまりに来てくださいねぇ(o^-^o)

(この記事は日本の販売元に見せて、パンフの掲載など許可いただいてます)

タイトルとURLをコピーしました