次亜塩素酸水、個人的感想

ブログ

少し前の話ですが、次亜塩素酸水、有効! ってなりましたね。
だけど効果がないって報道より
あんまり大きく報道されませんでしたね。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム

厚生労働省のサイトを見てみると
「次亜塩素酸ナトリウムは0.1%で有効」とありますね。
新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)

その点について、詳しく書いてくれているサイトを発見。
新型コロナウイルス対策|やじま歯科医院

「※ 0.1% = 1000ppm

次亜塩素酸は次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の殺菌力を示す
→ 次亜塩素酸ナトリウム1000ppm ≒ 次亜塩素酸水12.5ppm」

ナイト(製品評価技術基盤機構)

新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。~物品への消毒に活用できます~ | ナイト | 製品評価技術基盤機構
↓ より

こちらのサイトには
・ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう(6月26日版) 【PDF:247KB】
もありますね。

「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意点

(厚生労働省・経済産業省・消費者庁)新型コロナウイルス対策「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意点 より

これを見ると、使い方は難しそうですが(^^;)💦
個人的に、次亜塩素酸水にも効果があると認められてうれしいです。
なぜかというと・・・

某学校(バイト先)の感染対策

非常勤講師をしている某学校は、新型コロナウイルス感染症予防の徹底をしていて
◎ドアノブには「接触感染対策テープ(関西ペイント)
◎エレベーター前には除菌マット(靴の裏の除菌らしい)
◎入り口には消毒液
◎受講生さんの机の前にはシールド設置
◎教室の扉は開け放ち、廊下に扇風機を置き
 外に向かって空気が流れるようにしている。
◎教室の窓は開けて冷房し
 サーキュレーターも教室に設置
◎放課後には教室の消毒
◎各教室には除菌ウェットシートを置き
◎受講生さんにマスクを配布・・・
と、考え付くところ全部やってる雰囲気です。

そんな学校で当初、消毒液として
次亜塩素酸水が使われていました。
(次亜塩素酸ナトリウムではない)

たっぷり使わないと意味がないということと
作り置きがきかないとかで
事務員さんが1日おきに
次亜塩素酸水を指定の濃度に水でうすめて
各教室に置いてあるものや、事務所でつかうものなど
詰め替えてくれていました。

そんな中、いつだったかなー?
「次亜塩素酸に効果がない」というような
報道があり
きゅうきょ次亜塩素酸水からアルコールに
変更になりました。

うちわでは
信じて使っていたわたしたちって、いったい・・・(--;)
いやいや、学校の対策に効果があったからこそ
学校の職員、講師、いままで感染者ゼロだったんだ
とかいう話をしていました。
(幸い、受講生さんもゼロです。)

今回、次亜塩素酸水の有効性が認められたので
アルコール除菌も併用しつつ
また次亜塩素酸水が使用されることとなりました。

・・・学校を見ていると、私もお店の感染対策
どこまでするべきか・・・と思案中です(^^;)
これだけ書いておいて、次亜塩素酸水は使わない予定です💦
「ひたひた」と「かけ流し」が難しそうなので💦

タイトルとURLをコピーしました