ヒーリーで自分の生体エネルギーを数値化できる?

施術について

生体エネルギーってあるの?

  • 「やる気はあるのに仕事が手につかない」
  • 「昨日まで元気だったのに、今日はやたら気が重い」

日常生活の中で誰もが感じている悩みです。
悩みがあまりにも常態化しすぎていて”当たり前”になってしまっていませんか?

人間には、肉体的なエネルギーと精神的なエネルギーの2つがある

事実、人間には生体エネルギーが存在し、血液の循環などに影響される肉体的なエネルギーと脳や気持ちに影響される精神的なエネルギーの二つがあって、それらは時間とともに増減し、好不調の波を作っています。

体感的に好調だな、不調だなと感じることはできても、それがなぜそうなっているのか?までは普通では知ることができません。

もし、自分自身の生体エネルギーの状態を見ることができたら?

多くの場合、パフォーマンスはその日の体調に左右されます。

または、体調面に問題を感じないのであれば、好調時はラッキーと感じ、不調の時はアンラッキーだと、その日の状態は運勢に左右されると思う人が多いと思います。

「そういうもんでしょ」
確かにそれはそうなんですが、諦める必要はありません。

もしあなたが自分自身の不調の原因を細かく知ることができたら、そして、それを改善する方法が分かれば発揮できるパフォーマンスは確実に変わりますよね?

驚くべき本当のことなんですが、ヒーリーは生体エネルギーを細かく分析することができ、さらに改善する周波数を送ることもできるのです。

オカルト? スピリチュアル? 実は医療機器

ところで生体エネルギーなんて聞くと的でスピリチュアルな話だと思いませんか?
実は最初、私自身もそう感じました。
でも、Healy(ヒーリー)は違いました。

日本ではまだ知名度が高くなくそんなに知られていませんが、EUとアメリカ(FDA2類)で医療機器に認定されているものです。
(日本では医療器具として認可されていません。なので医療従事者でなくても使えるわけですが・・・)
ヒーリーは50万人もの患者を診察した世界中の2,000人の医療従事者による使用に基づいて構築されました。

ヒーリーに使用されている周波数応用は、施術者と科学者による数十年にわたる研究によって発展してきました。
特にその中の1人、Bjorn Nordenstrom 教授は、スウェーデンのカロリンスカ研究所の放射線学の名誉教授です。

カロリンスカ研究所はノーベル生理学・医学賞の選考委員会がある研究所です。
医学系の単科教育研究機関としては世界で最大のところです。

ちなみに Bjorn Nordenstrom 教授は、医薬分野のノーベル賞委員会の前会長を務めました。

ヒーリーでの分析は科学的根拠に基づいた結果であることが証明されており
あなたが最高のパフォーマンスを実現するためのものです。

痛い、怖いは一切なく、科学的な分析なのに占いのような感覚で使用できるから、ちょっと試すだけでも安心ですし、楽しく続けられます。

(※ヒーリーで医学的な診断はできませんのでご注意ください)

遠隔操作での測定も可能

初回登録時は対面でのモニタリングが必要となりますが、2回目以降は遠隔操作での測定も可能。
ご自宅から出ることなく結果を受け取れます。
※ただし、詳細な結果を入手したい場合は対面での測定をお願いします。

効果が出にくい人

自分のことを見せたくない、知られたくない人
→測定結果がズレることがあります

依存的な人
→過大な期待をしてガッカリすることがあります

効果が出やすい人

オーラ測定の結果を受け入れ
自分を振り返って見れる人
→客観的に自分を見ることができます

結果は参考として、決めるのは自分
→どういう行動が自分にとって最適かを自分で導き出せる

※生体エネルギーは上がったり下がったりします。
どの部分のエネルギーが不安定になりやすいのかを知るために、定期的に測定することをオススメします。

ご予約・お問合せはこちらから☆

※ヒーリーで医学的な診断はできませんのでご注意ください

注意:ヨーロッパでは、ヒーリーは慢性的な痛み、線維筋痛症、骨格痛、片頭痛の痛みを治療するための医療機器であり、うつ病、不安神経症、関連する睡眠障害などの精神疾患を支援するための医療機器です。ヒーリーの他のすべての用途は、従来の医学の意味での証拠が不足しているため、従来の医学では認識されていません。

Notice: In Europe Healy is a medical device for the treatment of pain in chronic pain, fibromyalgia, skeletal pain and migraine, as well as for the supportive treatment of mental illnesses such as depression, anxiety and related sleep disorders. All other applications of Healy are not recognized by conventional medicine due to lack of evidence in the sense of conventional medicine.

タイトルとURLをコピーしました